ケアマネの介護求人をお探しならジョブパワーズ

「介護をしない」老人ホーム。

というキャッチコピーの求人情報が載っていました。

介護をしないとはどういうことなのか調べてみたところ、以下のようなことがわかりました。

まず、求人情報で見た施設は自治体から援助を受けて運営している一般型軽費老人ホーム(ケアハウス)のことでした。

2つの違いとしては、介護型施設では職員が入浴や食事介助をしますが、一般型では、職員はお風呂の準備はしますが入浴介助はしません。

また、地方自治体が運営を行なっているので有料老人ホームと比べ低額で入居することができます。

少子高齢化と言われて久しい現代、福祉関係の仕事の必要性が訴えられています。

しかし、そんな社会の情勢に反するかのように介護サービス従事者の約65%が非正規雇用で働いているというのが日本の現状です。

施設系を含めた全体でも約半数の人が非正規雇用です。

正社員での求人はあまり行われていないのかな?と思い、求人サイトのジョブパワーズを見てみました。

調べてみたところ、想定以上に募集をしていることがわかり、持っている資格によっては手当がついている求人もいくつもありました。

正規雇用による待遇改善を図りたいという方はまずは地元で求人がないか探してみましょう。

どんなことでも口コミなどの評判って気になりますよね。

就職活動中の方の場合はそれこそ自分が働きたいと思っている勤め先がどういった場所か気になりますよね。

一例として、介護の仕事のイメージでは、人手不足で激務、人間関係がギクシャクしていそうなど良くないイメージを持っている人が多い印象です。

求人情報を掲載しているサイトの中には、企業の評価やレビューを載せていたりサイト担当者が掲載前に実際に企業訪問をして求人情報と違いがないか、労働環境はどうなっているのかを確認して掲載する・しないを決めているサイトもあるようです。

情報を集めて仕事選びの参考にしましょう。

あなたはケアホームとは何かご存知ですか?ネットで検索してみたところ、障害程度区分2以上に該当する障がい者に対して、共同生活住居にて、日常生活支援にプラスし、食事のお世話や入浴・排せつなどといった介護を提供する施設だそうです。

なお、介護業界では慢性的に人手不足のため求人件数は多いです。

各施設、スタッフを集めるためにより良い条件を出しています。

なので、転職を考えている方には、好条件の求人を見つけるチャンスなのです。

他にも、資格取得の支援を行っている施設があったり、資格を取得することで資格手当が支給される場合もあります。

自分のスキルやキャリアに応じて職場を選びましょう。

数年後に訪れるであろう親の介護を見据えて手に職をということで介護を始める40代、50代の方が増えています。

一般的な求人サイトだとなかなか40代、50代OKの求人はないですがヘルパーや介護の世界では、年齢はあまり気にしなくてもよいかと思います。

新卒と40代、50代で介護を始めた人とではそれぞれに良さがあるからです。

例えば、介護対象者の大半は高齢者が主となるため、孫のような年齢の人に頼み事やお願いをするのに気が引けてしまうことがあります。

一方、40代、50代の方であれば、親子のような関係性を築きやすく自分の気持ちに素直になってくれることがあります。

出産のため離職していた介護職に復帰したいんだけど子供がいるので日中しか働けないという方も多いかと思います。

それならばデイサービスの求人を探しましょう。

デイサービスでは高齢者が日中に施設に通い、食事や入浴、体操などといった介護サービスを受けられるものです。

デイサービスは日中にオープンしているため夜勤は基本的にはありません。

また、利用者が老人ホームなどに入居するほど重度の要介護状態ではないけれども、在宅介護をしてくれる家族の負担を軽減させることを目的としたり、ぼけ防止に他人と接することを目的とし利用される方も多いので現場復帰にはおすすめなのです。

介護業界の求人を見ていると気になる単語がありました。

それは「ケアハウス」と「老人ホーム」です。

通常この2つの施設は同じ施設だと思われている方もいると思いますが、ネット検索してみたところ「ケアハウス」とは軽費老人ホームとも呼ばれており、国の助成を受けることで比較的安価な料金で入居することができる福祉施設のことで、「老人ホーム」は民間が管理・運営をしている福祉施設のことのようです。

2つのサービスの違いには、「老人ホーム」には入浴介助や健康管理なども行ないますが「ケアハウス」ではお昼や洗濯といった要介護度が低い方が対象となっています。

少子高齢化により老人ホームなどの施設は増える一方です。

それに伴い介護業界の求人件数も増えています。

でも、自分で色々なサイトを利用して条件に合った仕事を見つけるのは大変です。

そんな方は派遣会社を検討してみてはどうでしょうか。

登録するメリットとして、コーディネータが求職者の希望に合った職場を探し、実際に勤務先へ見学に同行してくれたり、直接企業側に聞きづらい質問や労働条件の条件交渉も行なってくれます。

見学した紹介先に納得し、就業した後も勤務先でのトラブルなどの相談にも乗ってくれます。

派遣で働いていると正社員登用の話を聞かされた時にも実際の現場を知っているので参考になります。

親の介護に限界を感じて老人ホームの利用について調べているけど、介護保険老人施設と特別養護老人ホームという名称が出てきてどちらを選べばいいのかわからない。

そんな方向けに求人サイトなどの解説を少し調べてみました。

特養は、地方自治体や社会福祉法人が運営する公的施設で、要介護度3以上の方が入居対象になります。

そのため、長期的な利用も可能となっています。

問題点として公的施設は人気がありなかなか入居できないということもあります。

介護保険施設は病院と自宅の間のような場所で在宅復帰を前提としたリハビリや医療ケアをしています。

在宅復帰を目指しているので入所期間も長くて1年間くらいになります。

奨学金を早く返済したい、お金を貯めたい、自分の趣味の時間をできるだけ取りたい、という方に勧めたいのが特養をはじめとした24時間利用者のいる介護施設での夜勤です。

求人情報を見る限りでは時給制の場合、夜勤手当として1勤務あたり3000から8000円が支給、時給制ではない場合、夜勤手当を含んで日給25000円などの募集があります。

また、それ以外にも資格を取ると資格手当が追加で支給されることが多く、その資格取得を支援してくれる企業がとても多いです。

実際に、夜勤専従で働いている方の中には、月に10日ほど働いてあとは自由に過ごしている方もいるようです。

夢を見て脱サラしてみたけど失敗してしまった。

そんなどん底な気持ちの時に介護の仕事に出会う40代、50代の方もいるそうです。

未経験だけど大丈夫?求人しているの?という疑問もあると思いますが、介護の世界ではスタートに年齢は関係ありません。

また、40代、50代とある程度キャリアを積んだ方の中途入社の場合、利用者により年齢が近いので「親子の関係」のように感じてもらえるのか早くから仲良くなることもあるそうです。

他にも、別の業界の知識、経験を活かして職場内で今まで当然と思ってきたことが変化していくこともあります。

そのため、介護の求人ではほとんど年齢制限素していないという募集が多いようです。

求人サイトなどで目にするデイケアとデイサービス、どのような違いがあるのでしょうか。

似たようなサービスを提供してくれるイメージを持たれている方もいるかと思いますが違うようです。

介保では「通所介護」と「通所リハビリテーション」の2つに分類されています。

デイサービスは日中施設に行って、ご飯を食べたり入浴したり頭の体操をするなどといった介護サービスを受けるのですが、デイケアというものは、日中施設に通うというところは共通点なのですが利用者の目的が介護サービスを受けることではなくリハビリを受けるために通っています。

そのため、施設に通う目的は生活の介護を目的としたサービスではなく機能を回復させることに重点を置いたサービスとなります。

人の役に立ちたい、社会の役に立ちたいという想いから介護業界を目指す人が増えています。

どんなことでもですが、未経験だけど大丈夫かな?と不安を少なからず感じてしまいますよね。

でもご安心を。

求人情報を見てみると未経験・無資格でも大歓迎という会社・施設も多く、働きながらキャリアアップにつながる資格取得を支援している企業も多いです。

少子高齢化社会と言われる現在、介護の求人は増えているので自分の希望条件に合った労働条件を出している企業・施設を焦らずに探すことができます。

また、求人をしている会社によっては、面接・応募前に職場見学ができることもあるので実際の現場の雰囲気を知ってから応募することもできます。

あなたは介護と言うお仕事についてどのような印象を持っていますか?きっと大半の方は「きつい、汚い、給料が安い」の3Kだと思っていますよね。

でも、本当のところはどうなのでしょうか。

実は、介護のお仕事というのは働きやすい上自由がきく仕事なのだそうです。

例えば、日中だけ運営しているデイサービスの求人であれば通常、夜勤は発生しませんし、老人ホームであっても日勤だけ働くという選択肢もあります。

また逆に、夜勤をすると夜勤手当がつくので積極的に夜勤に入ることで収入を増やす方や、月10日くらい夜勤でお仕事をするだけで残りは自由に過ごすという方もいます。

少子高齢化と言われている現在、重要とされている仕事があります。

例としては、介護の仕事です。

大切な仕事ということはたくさんの求人があるのではないかと少し調べてみたら思っていた以上に正社員としての募集が多くて驚きました。

気になる待遇面は業界全体として意識しているのか出産・育児休暇制度を設けている企業が多く職場復帰もしやすそうな業界だと思います。

ケアマネジャーなどの資格取得支援や資格手当もあるので上を目指したいという向上心、自分の力で給与を増やしたいと思っている方にも嬉しいですね。

労働条件のいい会社は人気なので見つけたらすぐに応募しましょう!

引用:ケアマネの求人といえばココ!介護求人厳選4サイト!【ランキング】